社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » 業界別に見るデータ活用の有効性

業界別に見るデータ活用の有効性

業界ごとに、販売する商品やビジネスモデルは異なります。そのため、データ分析のポイントも異なります。分析手法によって、使用するデータも変わってくるので、どんなデータを集めておくとよいかを、事前に調べておきましょう。

流通業の場合

ビッグデータをいかに企業収益につなげるかは、会社のデッドストックになりつつある大量のデータの有効活用にかかっています。さまざまな業界や業種によって、ビジネスモデルが違うために、利用するデータ分析手法とデータは必然的に変わってきます。流通・小売業界では、蓄積された社内データを、クロスセル分析やポートフォリオ分析し、企業戦略の判断材料として、活用しています。

流通業での社内データ活用

通信・ソフトウェア業界

ビッグデータをいかに企業収益につなげるかは、会社のデッドストックになりつつある大量のデータの有効活用にかかっています。さまざまな業界や業種によって、ビジネスモデルが違うために、利用するデータ分析手法とデータは必然的に変わってきます。通信・ソフトウェア業界では、蓄積された社内データを、解約率分析やクロスセル分析、ポートフォリオ分析し、企業戦略の判断材料として、活用しています。

通信業での社内データ活用

商社業界

ビッグデータをいかに企業収益につなげるかは、会社のデッドストックになりつつある大量のデータの有効活用にかかっています。さまざまな業界や業種によって、ビジネスモデルが違うために、利用するデータ分析手法とデータは必然的に変わってきます。総合商社業界では、蓄積された社内データを、販売分析やエリア分析し、企業戦略の判断材料として、活用しています。

商社企業での社内データ活用

金融

ビッグデータをいかに企業収益につなげるかは、会社のデッドストックになりつつある大量のデータの有効活用にかかっています。さまざまな業界や業種によって、ビジネスモデルが違うために、利用するデータ分析手法とデータは必然的に変わってきます。銀行や証券会社など金融業界では、蓄積された社内データを、予実分析やポートフォリオ分析し、企業戦略の判断材料として、活用しています。

金融業での社内データ活用

外食業

ビッグデータをいかに企業収益につなげるかは、会社のデッドストックになりつつある大量のデータの有効活用にかかっています。さまざまな業界や業種によって、ビジネスモデルが違うために、利用するデータ分析手法とデータは必然的に変わってきます。外食業界では、蓄積された社内データを、回転率分析し、企業戦略の判断材料として、活用しています。

外食業での社内データ活用