社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » データ活用でこんな悩みはありませんか。 » 既存システムが複雑化・ブラックボックス化

既存システムが複雑化・ブラックボックス化

部門ごとにITシステムを導入していたり、業務ごとにシステムがカスタマイズされていたりして、全社横断的にデータ活用ができないという問題が多くの企業で発生しています。また、この複雑化、ブラックボックス化された老朽システムを管理しきれずに、セキュリティ事故やデータ消失などの脅威にさらされます。

「2025年の崖」~レガシーシステムがDXの足かせに~

経済産業省が2018年に発表した、「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開」が昨今IT業界で話題となっています。

既存システムが事業部門ごとに構築されていたり、過剰なカスタマイズがなされていたりするなど複雑化・ブラックボックス化。そのため全社横断的なデータ活用ができず、これら既存システムの課題を克服できない場合、2025年以降、最大12兆/年の経済損失が生じる可能性のことを「2025年の崖」と言っています。

この問題、企業はどのように対応すればよいのでしょうか。

システム刷新の重要ポイント

このレポートでは「2025年までの間に、複雑化・ブラックボックス化した既存システムについて、廃棄や塩漬けにするもの等を仕分けしながら、必要なものについて刷新しつつ、DXを実現することにより、2030年実質GDP130兆円超の押上げを実現」と提唱しています。

まずはシステム刷新を目的に、企業内のITシステムすべてを「見える化」。不要なシステムや機能は整理・廃棄し、複雑度を軽減します。その上で経営戦略をふまえたシステム刷新計画を策定します。注意すべきは、レガシーシステムでの問題を克服すること。無駄とリスクがないよう業務プロセスを見直し、情報共有や連携を想定し、システムの全体最適化を図る。そしてこの共通基盤を中心に、業務ごとに機能を部分最適化することが最善策と言われています。

システム刷新の落とし穴「データ移行」を忘れない

複雑化・ブラックボックス化を解消し、既存システムのデータを活用した本格的なDXが可能に…。

システムの刷新には既存システムからのデータ移行という、忘れがちな、でもとても重要なタスクがあります。システムのベンダーがデータ移行をやらない場合もあるので、システム刷新の際はデータ移行の会社も探しておくことが重要です。