社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » データ活用でこんな悩みはありませんか。 » Excelの限界

Excelの限界

Excelは非常に便利なツールなため、データの編集や加工、集計など、あらゆるデータ処理をExcelでやろうとしてしまいます。しかし、対象データの処理に時間がかかったり、複数ファイルの紐づけが大変だったり、セルが結合されていたり、数値が文字列になっていたり…、Excel特有の問題で業務が非効率になってしまうこともあります。

Excelによるデータ処理の限界<その1>Excelは万能じゃない

  • 大量のデータ集計に時間がかかる!
  • 複数のファイルをいくつも開かなきゃいけない!
  • 複数のシートから必要なデータを抽出するのに手間がかかる!
  • いろいろな角度から見たい!
  • マクロが重い!
  • ファイル破損…

Excelによるデータ処理の限界<その2>属人化

  • 「リンクの自動更新が無効にされました」→どのファイルのどこがリンクしているの?!
  • 勝手なセル結合、勝手な単位、勝手なスペース…作成者の癖が強い
  • マクロ×マクロ×マクロ…修正、カスタマイズが不可能な域に
  • レポートがどう作られているのか他人には理解不能
  • そしてレポートを作成した本人がいなくなって使えない

Excelに頼りすぎない

Excelはかなりの範囲でいろいろなことを実現できてしまいます。それゆえ、Excelそのものに頼りすぎ、Excelを使う人に頼りすぎてしまいます。

業務の標準化を図るためにも、まずはどのような処理をExcelで行っているか明確化し、マニュアルなど明文化することが大切です。処理の内容が明確化できれば、RPAを使ったり、データ処理の作業自体を外部委託したりすることで、業務の効率化を図れます。