社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » データ活用でこんな悩みはありませんか。 » 各種データの連携ができていない

各種データの連携ができていない

基幹系システムやWebシステムなど各システムから出力されるデータや、他支店や取引先などから提供されるデータの連携。紐づけるためのキーを誤ると連携ができないため、データ連携は正確さや精密度が求められる作業であり、手間も非常にかかります。

システムのサイロ化問題

販売管理システム、在庫管理システム、生産管理システム、人事管理システム、給与システム、会計システム…。多くの企業で業務系システムは、他システムとの連携や情報共有をせずに部門・業務単位で独自に構築されています。いわゆる”システムのサイロ化”が問題に。データの持ち方や粒度集計の切り口、更新頻度などすべてが部門や業務ごとに最適化され、一気通貫でデータを見ることができません。

ERPとその他のデータとの連携

販売管理、生産管理、物流管理、人事管理、会計業務など、基幹となる業務を統合し最適化する、ERPを導入している企業でも、ERPが網羅していないその他のデータとの連携は手作業で行い、それぞれ使いやすい形式に整える作業を行っています。ERPを改修するにしても大きなコストと手間と時間がかかってしまい、改修を断念してしまう企業も少なくありません。

面倒な処理は外部へ委託・代行する

データを連携するために行っているデータ結合や編集などの加工は、大変手間がかかります。労働人口が減少している時代で会社の競争力を高めていくには、データ処理など手間がかかる作業を外部委託し、本来業務に注力するのも有効な手段です。

ただし、データ処理を請け負っている会社は多々ありますが、会社の大切な情報資産を出すので、セキュリティが確保されている会社に依頼することが重要です。