社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » データ活用でこんな悩みはありませんか。

データ活用でこんな悩みはありませんか。

社内に分散しているデータや集積されたビッグデータなど、多種多様なデータを活用するために、企業ではデータ処理でさまざまな課題が発生しています。どんなことに不安や悩みを抱えているのかを知り、解決策を探してみましょう。

ITスキルが高い人がそばにいない

データを活用するために各種データを使いやすく加工する作業…。ITスキルが高い人が部門にいれば簡単に処理できるようにしてもらえますが、バックオフィス系部門にはそういう人がなかなか配置されません。大企業でも同様の問題が発生しています。

ITスキルの高い人材不足による影響

企業内に分散しているデータの連携ができていない

基幹系システムやWebシステムなど各システムから出力されるデータや、他支店や取引先などから提供されるデータの連携。紐づけるためのキーを誤ると連携ができないため、データ連携は正確さや精密度が求められる作業であり、手間も非常にかかります。

データ連携の不具合による影響

Excelの限界

Excelは非常に便利なツールなため、データの編集や加工、集計など、あらゆるデータ処理をExcelでやろうとしてしまいます。しかし、対象データの処理に時間がかかったり、複数ファイルの紐づけが大変だったり、セルが結合されていたり、数値が文字列になっていたり…、Excel特有の問題で業務が非効率になってしまうこともあります。

Excelの限界にかかる影響

データの精度が悪い、データが汚れている

データの中に含まれるダブりや誤入力、表記の揺れや不要な値…。データ作成(入力)ルールがなかったり、ルールが守られていなかったりして作成(入力)されたデータは「汚れ」ています。このままでは分析や集計に使えませんが、きれいに整えるには大変手間がかかります。

精度がわるいデータの影響

週次や月次で繰り返されるデータ処理

複数のシステムや各部門が作成したデータを収集して、必要なデータを抽出して、加工して、項目ごとに集計して、グラフ化して、レポートを作成する、など週次や月次で繰り返されるルーティン作業は、一定の時間をとられ、本来業務に支障が生じます。

繰り返されるデータ処理による影響

コードが違う、フォーマットが違う、媒体が違う

ビジネスで取り扱うデータは、文字コードやフォーマット形式、記録媒体などありとあらゆる種類や形があります。メインフレームの文字コードではオープン系システムに移行できない、文書形式や画像形式のファイルをPDFにしたい、テープ媒体から光メディアへの変換したいなど、要望も千差万別です。

コード・フォーマット・媒体が違うことによる影響

既存システムが複雑化・ブラックボックス化

部門ごとにITシステムを導入していたり、業務ごとにシステムがカスタマイズされていたりして、全社横断的にデータ活用ができないという問題が多くの企業で発生しています。また、この複雑化、ブラックボックス化された老朽システムを管理しきれずに、セキュリティ事故やデータ消失などの脅威にさらされます。

既存システムのブラックボックス化による影響