社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » データ処理の委託・代行業者の見極めポイント

データ処理の委託・代行業者の見極めポイント

データ処理を行う企業は、数多くあります。その中で、どの企業に委託すればいいのかを選ぶのは、非常に困難です。そこで、データ処理を行う企業を選ぶ際の抑えておきたいポイントをいくつか紹介します。

柔軟に対応してくれるか

委託する際、まず処理の要件をかためますが、開発を進めていく段階で設計当初想定していなかった要件が発生することが頻繁にあります。委託先によっては再見積もりとなり、予算をオーバーしてしまうことも。柔軟に対応できる会社か否かを見極めるのは難しいですが、見積依頼の段階などで、どこまで変更を許容してもらえるか相談してみるのも一つの手です。

データ処理の委託・代行を
柔軟に対応してくれるか

セキュリティが万全か

データ処理を依頼するためには、社内の機密情報や顧客情報を預けることになります。外部からの攻撃やUSBメモリーによって、情報を社外に持ち出されることがないように、セキュリティ体制がしっかりしている企業でないと、安心してデータを預けることは出来ません。ISO/IEC27001、プライバシーマーク制度、ISMSなどの認定資格を保有しているかどうかでも、判断できるので、しっかり見極めて選びましょう。

委託・代行を依頼できるほど
万全のセキュリティがあるか

実績において、幅広く対応しているか

データ処理の委託を検討しているときに、確認しておきたいポイントは実績です。さまざまな業種や業界によって、企業が抱える問題は、多種多様です。その状況で、クライアントと一緒に問題解決したという実績は、柔軟な対応力の証でもあり、その経験を踏まえて提供してくれる提案は、大変期待がもてます。Webサイトで、簡単に実績を確認することが出来るので、チェックしておきましょう。

データ処理委託・代行の
実績はどれくらいか