社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » BIツール/データ活用の失敗例 » 導入時、データ移行が思いのほか大変

導入時、データ移行が思いのほか大変

業務の効率化や最適化を目指して導入されるBIツール。しかし、実際には導入の段階でのデータ移行が思いのほか大変で、膨大な時間を費やしてしまう企業もあります。 ここではBIツール導入の流れから導入時に苦労するポイント、その解決法などをご紹介。「とりあえずBIツール入れて効率化してみようか」と考える前に一度こちらをチェックしてみてください。

BIツール導入の流れ

まずはBIツールを導入する際の全体の流れを見ていきましょう。サービスによって多少差があるので、ここでは一般的なBIツール導入の流れを例としています。

  1. 経営陣・現場スタッフからの要望を集める
  2. データの形式で活用していくのかの要件定義
  3. 必要なデータを集めて移行する
  4. データの取得法を定義づける
  5. システムを実際に構築
  6. レポートに関する設定を行う

大まかに見るとこのような流れになります。中でも意外と大変な労力がかかるのが「必要なデータを集めて移行する」のフェーズです。 これまでに蓄積してきたデータをBIツールで使用可能な形に移行する必要があります。

データ移行は思いのほか大変

多くの企業ではBIツールの導入する前はExcelをはじめとする計算ソフトでデータを集計しているでしょう。これらのデータをBIツールの仕様に合わせて移行していくのは大変な作業。 あるBIツールから別のBIツールに乗り換える際にも同じ作業コストが発生します。

「データ活用が今後の経営のカギになる!」と考えている企業であれば当然大量の情報をデータベースとして蓄積しているので、移行にかかる作業コストは膨大です。

自社へのBIツール導入を検討する場合には、あらかじめ「データ移行をどうするのか」を社内で協議しておく必要があると言えます。

ノウハウのあるデータ処理会社を選ぶというソリューション

BIツール導入時のデータ移行にかかるコストを削減するには、自社のデータ管理の選択肢に「データ処理の外部委託」という発想を加えるのがポイント。最初からデータの管理をデータ処理のプロに依頼するということです。

データ管理に深い知識と経験を持つ会社に委託すれば、自社で慣れないBIツール導入に格闘するよりも低コスト・短時間で有益な情報を抽出できます。

社内にナレッジのない作業は外部の専門家に任せて、自社では受け取ったデータを活用してこれまでの業務をより効果的に実施することに集中。 そうすれば移行にかかる社内コストがカットできるのはもちろんのこと、新たにデータ分析用の社員を選任する必要もありません。データドリブンなアプローチのいいとこどりができるのです。

このサイトではデータ管理の外部委託を行なっている会社を多数紹介しています。「専門的なデータ管理の知識を持った会社に委託してみたい」と思った方はぜひチェックしてみてください。