社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » BIツール/データ活用の失敗例

BIツール/データ活用の失敗例

企業で蓄積される膨大なデータから必要な情報を引き出し、経営の意思決定を迅速にサポートするBIツール。近年、BIツールを導入する企業が増えていますが、そこにある落とし穴に気を付けないと、有効なデータ活用ができません。

導入目的が不明確

システム導入する際、明確な導入目的を持つことは、企業にとって非常に効果のある投資になります。しかし、曖昧な状態のまま導入してしまうと、投資が無断になるだけではなく、日常業務の妨げになってしまうことになりかねません。

導入目的が不明確だとうどうなる?

使いこなせない

利用者にとって、使いやすいシステムでないと、システム導入はうまくいきません。BIツールの利用方法は多岐にわたっており、担当部門や担当者によって、利用目的は異なってきます。社員が使いやすいシステムを導入しましょう。

使えるシステムがほしい

現場との意思疎通に問題

BIツールの一番の特徴は、データ分析です。社内全体で連携して、データ活用することで、データ分析は最大の効果が得られます。事前に、BIツールの導入メリットや目的を共有しておくことが、大変重要です。

現場との意思疎通を解決したい

投資コストに見合わない

BIツールやデータドブリンをあまり理解せず、システム導入を決めるのは無駄になるかもしれません。BIツールは、一括購入する方式ではなく、ライセンス料を定額支払い続けるものが多いため、安易な導入は避けることが大切です。

投資コストの元を取りたい

活用シーンを特定できていない

画一的なシステムの導入は、部門別に仕事を行う場合、曖昧なシステム運用になってしまいます。さまざまな機能をもつBIツールは、利用シーンごとに使用するシステムもデータも異なりますので、事前に調べておきましょう。

活用シーンを特定しよう

機能が多すぎる

多機能なBIツールを使えば、効率的な業務を行うことができますが、あまり知識や理解がないと単に使いづらいツールになってしまいます。BIツール導入前には、社内勉強などでしっかり準備をすることが必要です。

機能を理解したい

ビジネス環境の変化に追いつかない

めまぐるしく進化するBIツールのマーケットでは、高額なシステムもすぐに陳腐化してしまいます。刻々と変化する環境や時代の波に乗り遅れることがないように、最新のBIツールにも目を向けることは非常に大切です。

ビジネス環境の変化に追いつきたい

導入時、データ移行が思いのほか大変

蓄積されたデータを有効に使いこなすためのBIツール。しかし、その導入時には「データ移行」という膨大な労力のかかるプロセスがあるのです。なぜデータ移行には大きな手間がかかるのか、どうすればそのコストを減らせるのかについてまとめました。

データ移行のコストを削減したい