社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » データ処理で委託・代行依頼できること » データ運用

データ運用

月次レポートの作成など定期的に繰り返されるデータ編集や加工、クレンジングといったデータ処理の運用。それにあたる人材はITスキルが必要で、他業務と兼任していることが多く、担当者に業務負荷がかかります。

データ運用とは?

イメージ

定期的なデータ処理といえば、月次レポート作成の他にも、例えば契約者情報のデータクレンジング、申込データと入金データの照合作業など、企業内のさまざまな業務で行われています。繰り返し行われるルーティンワークは、ITスキルがあれば誰でもできる業務でありながら、データの性質上、精緻さが問われる業務でもあります。

データ運用はどのようにするのか?

誰がいつどのようにやるか、体制を構築し、業務手順をマニュアル化します。担当者が急に休んでも業務を回せるように、数人の体制を組んでおく必要があります。

定期的に業務を行っていく上で、課題を洗い出し、業務効率化を図ること、ミスを抑制することなど、改善を重ねていきます。