社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » データ処理で委託・代行依頼できること » データ編集/加工

データ編集/加工

企業内には基幹系システムをはじめ、各部署で管理しているExcelファイルや、外部から入手したデータなど、多種多様なシステムやデータが分散されています。これらのデータを活用するためには、まずはデータの整備が必要です。その中でデータ編集・加工は最も基本的な作業ですが、非常に労力がかかります。

データ編集・加工とは?

イメージ

経営会議やマーケティングに必要なデータは、基幹系システムや顧客管理システム、販売管理システムなど各システムのデータや、各部門で作成されたExcelファイルなどが元となっています。これらのばらばらな状態ではデータは使いづらいため、編集・加工することでデータを一元化し、使いやすくします。 複数データを結合や照合したり、必要な部分を抽出したり分割したり、不要な部分を削除したりするなどして「使えるデータ」にしていきます。

データ編集・加工はどのようにするのか?

複数のデータやファイルに含まれる共通のキーで紐づけて、結合したり照合したりします。また、ある条件で分割したり抽出したり、不要なデータは削除したりします。このような作業で、データを使いやすいカタチに整備していきます。

なお、元となるデータやファイルが複数ある場合、ぞれぞれの項目名やデータレイアウトが異なっていることがあります。そうなると、データの紐づけが容易にできません。またデータの入力ルールが守られていなかったり誤入力があったりすることで、値がおかしくなってしまうこともあります。そのため、データ編集・加工はデータクレンジング作業を一緒にやることがよくあります。