社内データ活用の不満、解消できます! 不毛なデータ処理作業を委託で解決 » 【業務別】データ処理代行で叶える工数・コスト削減方法

【業務別】データ処理代行で叶える工数・コスト削減方法

「社内のデータを上手くまとめたい」「データを整理するだけで作業コストがかさんでしまう」という悩みは、どこの会社でもあるもの。データを用いた煩雑な作業は、できることなら誰かに任せたいものですよね。しかし、外部委託・データ処理の代行をどう依頼していいか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずは、どんな作業を外部委託したいのか、作業分類を明確にすることが大切です。

こちらでは、社内でデータ処理が多く、煩雑になりがちな業務をピックアップしています。

現在お悩みの業務があれば、ぜひデータ処理の外部委託も検討してみてくださいね。

データ処理・データ管理を委託できる
セキュリティのしっかりした会社5選

人事

数ある部門の中でも、データ処理代行によって著しいコスト削減が見込めるのが、煩雑で広域の情報を扱う「人事」領域でしょう。

社員の情報だけではなく、社員と切っても切り離せない「給与」や、各々の申請・ワークフローも管理しなくてはなりません。

「人事」領域をデータ処理代行するケースとしては、以下のような状況が考えられます。

  • 社員情報と給与情報を紐づけたデータあるいはシステムが作れる
  • 複数の人材紹介会社からもらった形の違うデータを統合できる
  • デジタルデータへの変更を委託すればペーパーレス化がスムーズに

人事業務のデータ処理を
委託・代行依頼するメリット

経理

会社の血液ともいうべき「お金」を扱う経理部門で日々発生する業務は、仕訳作業に始まり、売上や売掛金・買掛金の管理、請求書の発行・受領、ひいては決算に至るまで多岐にわたります。

特に開業して間もない会社や中小企業では、日々の経理業務まで追われて、データの整理を後回しにしたり、決算までとても手が回らなかったり、という状況に陥ることもあるでしょう。

「経理」領域をデータ処理代行するケースとしては、以下のような状況が考えられます。

  • 領収書などの紙のデータをデジタル移行&整形できる
  • 電子化&データ整形により売掛金・買掛金管理をスムーズに
  • 災害時の紛失・破損に備えられる
  • 重要なデータを扱う部門だけに、データ処理の委託をしても、委託先の情報管理のレベルが低かったらどうしよう…という懸念もあるかもしれません。後々データ流出や紛失などの大きなリスクを回避するためにも、セキュリティ管理がしっかりしているかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。
  • 当サイトでは、Pマークを取得しているなどセキュリティ資格を持ち、社内データの変換・統合やデータを用いたコンサルティングが行える企業を選定しています。
  • 「電子化をしたいけれども、そもそもどこから電子化していいか分からない…」と感じている方は、ぜひこちらもご検討ください。